ハンナフラの母子手帳

私は、ハンナフラの母子手帳ケースを愛用しています。
購入の際には1か月ほど悩んで迷って、赤ちゃん本舗や西松屋、雑貨屋さんを実際見て回ったりしたのですがなかなか気に入るものに巡り合えず、途中からインターネットで探し始めました。

多くの中からハンナフラにしようとブランドは絞ったのですが、ハンナフラは赤ちゃん用品の取り扱いが非常に多く、母子手帳ケースもいろいろな種類がありどのデザインもとてもかわいいので迷いました。
たくさんある中で私が選んだのは、青リンゴの形の母子手帳ケースです。

外側はやや蛍光色が強い黄緑色で、持ち手は茶色、葉っぱもついていてシンプルながらデザイン性が高いと思います。開いた中の色は赤のようなピンクっぽいような色です。開くとリンゴの形になります。
この母子手帳ケースは、同様のデザインのおむつケースと保温ケースの3点セットで購入しました。セット売りだと定価で買うよりも少し安く、確か3点で8000円くらいだったと思います。ハンナフラの公式サイトでの通販で購入しました。

サイズはMかLか迷ったのですがLにしました。
いざ届いてみると、Lサイズは思っていたより大きかったです。母子手帳だけを入れて持ち運ぶには少々大きすぎました。しかしその分ポケットも多くついていて、印鑑や通帳、ボールペン、メモ帳、いろいろな書類、お守りなど割と何でも入るので最初はマルチケースのようにして使っていました。

産まれてからは何かと書類が多く、予防接種の予定を書き込むのに専用のスケジュール帳を使っていたのでこの大きさだとそれも一緒に保管でき、入院中の記念の名札や大きくなるにつれ初めて切った髪の毛などもいまではこの母子手帳ケースに保管しています。

そして、2人目が産まれて、もう一人分の母子手帳、各種書類も一緒に保管でき、別々のケースでない分保管場所にも困りませんしこれさえ持っていけば忘れ物などの心配もなかなかなくなったので、最初はLサイズにしたことを後悔しましたがいまではこのサイズを選んでよかったと思っています。

Sponsor

カテゴリ:ハンナフラ

関連記事

記事はありませんでした

ロディじゃばら母子手帳ケース

最近では様々な母子手帳ケースが出ています。 素材や形・デザインも豊富

ハンドメイド母子手帳ケース

1人目の子の時は雑貨屋さんで買ったディズニーキャラクターの母子手帳ケー

CAPPY 母子手帳ケース

最初は母子手帳を裸で持っていましたが、定期検査に行くたびに、エコー写真

Hanna Hulaマルチケース

私のオススメは、ハンナフラの母子手帳ケースです。 妊娠中に、まだお腹

Betta Bemama(ベッタビーママ)

私のおすすめの母子手帳ケースはビーママ(Betta Bemama)です

→もっと見る

PAGE TOP ↑